女性のお悩み相談室

排卵検査薬を使う共働き夫婦の妊活

排卵検査薬を使う共働き夫婦の妊活

排卵検査薬を使う共働き夫婦の妊活 最近、雑誌やメディアに妊活と言う言葉が多く使われるようになってきました。
女性の社会進出が進むにてれて共働きの夫婦が増えたり、晩婚化が進んでいる日本では女性が妊娠をするまでに長く時間がかかってしまう事が多いため、少子化が深刻な問題となっています。
その一方で、妊娠を望み妊娠活動を積極的に行う人たちも増えてきました。
そんな、共働き夫婦の妊活に欠かせないアイテムが排卵検査薬です。
排卵検査薬とは、女性の尿中に含まれる黄体形成ホルモンの濃度から排卵日を割り出してくれる検査薬です。
この排卵検査薬を使う事によって簡単に妊娠しやすい日を知る事ができます。
そのため、妊活になかなか時間の取れない共働き夫婦に多く使用されています。
また、この排卵検査薬は病院へ行かなくてもドラッグストアーやインターネットから気軽に購入する事ができるため、病院に行く手間も時間もかからずに簡単に排卵日を知る事から妊娠を望む多くの女性たちに支持されています。

妊活中の専業主婦が気を付けたいこと

専業主婦が妊活を行う場合は、気を付けたい点は運動不足です。
献立などは家族の健康を考えた上で考えるので、必要な栄養は取りやすい環境にあると言えます。
そのため家事が仕事になってしまうので、どうしても家の中で動く癖が付いてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかし運動不足になってしまうと筋力不足になったり体重が増えてしまうなどの可能性もあります。
筋力不足になると血流が悪くなり、体温も低くなりがちです。
しかし平熱が低い人は妊娠しにくいというデータがあるので妊活中は是非、運動をすることで筋力不足にならないような生活をしましょう。
中には運動が苦手だ、という人もいると思います。
その場合は1日1時間の散歩をし、子どもの散歩コースを考えながらすると楽しく出来るかもしれません。
他にも買い物を歩きや自転車で行ってみたり、専業主婦の本領発揮として毎日家の中を大掃除する気持ちで掃除しても良いかもしれません。
自分に合った筋力トレーニングをすることで、運動不足解消を目指しましょう。